【恋する母たち】見逃し配信動画を無料で見るには?木村佳乃/吉田 羊/仲 里依紗/小泉孝太郎

恋する母たち
この記事はこんな人向け
  • 恋する母たちを見逃した
  • 恋する母たちの動画を無料でみたい
  • どこで動画見逃し配信されてるか知りたい
  • あらすじ・キャスト・みんなの感想が知りたい

恋する母たちの見逃し配信動画を無料で見るには?

恋する母たちを視聴できる
動画配信サービスはコチラ

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

テレビドラマ・動画を見逃し配信!

\まずは2週間無料体験/

無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

  • TBS,テレビ東京,WOWOWの人気ドラマ続々
  • 放送では見られないオリジナル作品も
  • チケットが毎月もらえる

Paravi無料体験で視聴する

ストレスなく見逃し配信を全話見たいのであればParaviがおすすめです。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

恋する母たち 感想

不倫をしているのが3組中2組なんですけど、なんか嫌な感じがしないんです。好きだからいいんじゃないと思えてしまう。それは、女性が普段頑張っているから、それくらいと甘い気持ちで観てしまうのかもしれません。吉田羊さんは、バリバリ仕事が出来るんですけど、磯村勇人さんに甘えてしまうのが、可愛いなと思えてしまいますし、磯村さんも年上女性と不倫しているんですけど、仕草がカッコイイ。頼り甲斐がある男性で、カッコイイなと思います。

特にはないのですが、吉田羊さんの家族がバラバラになってしまっていることです。家族があり、仕事をバリバリしているから、カッコイイ女性だと思っていたのですが、旦那さんと息子は与論島に行ってしまっている。また、その息子がゲイだったこと。こんな時代ですから、ゲイなんか結構いるのでいいのですが、話を盛り込みすぎているなと、そこは感じます。不登校だけでも十分だったんじゃないかなと思ってしまいますけど、強いて言うならです。

30代女性
5.0

7話では、優子さんと赤坂が再開して、やはり好き同士であるので、タクシーの中の手の絡みだけで、こちらはめちゃくちゃドキドキハラハラしてしまいました。それに、この恋する母たちの3人の息子さん役の子達がとっても演技が上手で、顔もカッコイイのでラップもカッコイイし将来期待大ですね!あとは、杏の前に現れた元旦那研くんはやはりお父さんとの絆を感じるのでしょうか?年頃の男の子なので、母親よりお父さんと居やすいのかもしれなくて、再会出来て今の所良かったです。

斉木は頼りになるのかと思ったら、まりの件で頼ったら、杏の中には俺は居ないとか言い出してしまって、男性は自分が1番出ないと機嫌が悪くなるのかなっと、まだまだ器が小さいのかなと感じてしまいました。子持ちの、しかも多感な時期の息子さんがいるのに、忙しくろくに家にも帰ってこないのに杏の息子と一緒に来いって言うのも、とりあえず杏と会いたいからとしか聞こえなくて、気遣いがというか自分勝手な感じが凄く残念でした。これからにきたいです!

40代女性
5.0

阿部サダヲさん演じる丸太郎が意外とイケていて一番男らしいところがカッコいいです。仲里依紗さん演じるまりちゃんがとても美人で可愛く、ファッションや化粧の仕方がとても素敵だなぁと思います。磯村隼人さん演じる赤坂君が年下なのに一生懸命優子さんにぶつかっているところがグッときます。裸で待機していた時はビックリしましたが、仕事ができる後輩というところにも魅力があります。ケンちゃん役の藤原大祐君が子犬みたいで可愛いです。

小泉孝太郎さん演じる斉木さんがすぐに怒ったりめんどくさいと暴言を吐くところが嫌だなぁと思います。杏さんに別れを切り出すときもそんなことで別れる?と思うぐらい一方的だったので納得いきませんでした。蒲原繁樹さんのプライドの高さと傲慢な態度がカッコ悪いです。いくら収入があるからと言っても奥様に対して見下すような態度や発言はいかがなものかと思います。最新話のお弁当屋さんのシーンでまりちゃんがなぜ辞めさせられたのか納得できませんでした。

30代女性
5.0

第4話の最後の場面で赤坂と優子が抱きしめあってキスをしているのをシゲオに見られた場面が印象的でした。その場面で赤坂が「この先50年だって一緒に居たい、結婚しよう」という言葉は驚いたと共に痺れました。まさか赤坂がそこまで優子に対して本気だったのかと気づかされた瞬間でした。遊び人だと思っていた赤坂という存在の評価がガラッと変わった場面で応援したくなってしまいました。このドラマで一番記憶に残っているシーンです。

丸太郎がまりのことが好きになっていったのがよくわからないんです。一目惚れだとしてもデートに行ってクルマから降りないまりというのがありました。子供も3人いるしリスクしかないまりを何故そこまで気に入っているのか説明がつかないんです。あげくの果てには結婚しようとまで言う丸太郎。この2人の関係は丸太郎の遊びという風にして欲しかったなというのが個人的な願望です。情が深い丸太郎というのはちょっと似合わないよなと感じています。

40代男性
5.0

杏、優子、まり、それぞれが違う形の恋愛をしているのが素敵だと思います。
特に優子は年下の部下に愛されていて、現実には中々ない事だと思うのでいいなと思いながら見ています。
美人で仕事ができるのだから魅力的カッコいいです。
別れてしまったみたいですが、まだ2人の気持ちは変わっていないと思うので戻ればいいのにと思います。
不倫なのでいけない事ではありますが、2人があまりに素敵なのでつい応援してしまいます。
まりも仕事を始めて輝いていてきれいだと思います。” “斉木の態度が自己中心的で嫌です。
結婚前提で付き合いたいと言ったのに、めんどくさいと言ってみたり、別れようと言ってみたり、自分勝手すぎます。
杏をとても傷付けているのにわからないのかなと思います。
こういう男性は嫌いですし、何故杏がこの人を好きでいられるのかがわかりません。
赤坂くんは自分の気持ちに正直になって、好きでもない女性と付き合うのはやめて欲しいです。
誰も幸せになれないと思います。
まりは丸太郎にプロポーズされて行く気持ちでいるのかもしれませんが何となくいい方向には行かないような気がします。

60代女性
4.0

恋する母たち あらすじ

[新ドラマ]金曜ドラマ『恋する母たち』秘密と悩みを抱える美しい母たちの三者三様の運命を描く!! 10月23日スタート!!【過去回はパラビで配信中】

石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子どもを中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿もある。杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて、驚く。杏たち3人の母親には、人に言えない悩みや心の傷があった。杏の夫・慎吾(渋川清彦)は11年前に人妻と失踪。杏はそのことを相手の女の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされた。キャリアウーマンの優子は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養っていて、家庭よりも職場を自分の居場所と感じている母親だ。セレブ主婦のまりの悩みは、弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)の不倫。そのまりが、チャリティー・パーティーで出会った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から猛アプローチを受ける。ある日、再び斉木が杏を訪ねてきた。そして思いもよらない事実を告げられる…。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』
金曜ドラマ『恋する母たち』10/30(金) #2 失踪した夫が記憶喪失? 危険な恋が止まらない!!【過去回はパラビで配信中】

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』
金曜ドラマ『恋する母たち』11/6(金) #3 不倫相手と直接対決…禁断の相手と急接近!?【過去回はパラビで配信中】

与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。その頃、優子(吉田羊)は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都の会場にいた。招待客も集まりイベントを開始しようとした矢先、停電のアクシデント。電機系統のトラブルらしいが、修理を待っている時間はない。常務の柳(小松和重)に嫌みを言われながら、イベントの中止を決断する優子に赤坂は…。さらにその夜、想定外の出来事が優子と赤坂を待っていた。一方、まり(仲里依紗)のスマホに音声ファイルが添付されたメールが届く。開くと、夫・繁樹(玉置玲央)と不倫相手・のり子(森田望智)の衝撃的な会話だった。相変わらずチラつくのり子の存在に、まりは丸太郎(阿部サダヲ)へ相談を持ちかける。そして、不倫相手と直接会うことを決意。観光を終えホテルに戻った杏は、与論島の実家にいる優子の夫・シゲオ(矢作兼)から夕飯に誘われるが、「今夜は一人で考えたい」と断る。11年前、自分と息子を捨てて女と駆け落ちした慎吾は、どんな思いでこの島で暮らしていたのか…。やるせない思いの中、杏は迷いながらも斉木巧(小泉孝太郎)に電話をかける。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』
金曜ドラマ『恋する母たち』11/13(金) #4 決して許されない恋 現実に引き戻される夜…【過去回はパラビで配信中】

杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。蒲原家では、まり(仲里依紗)が夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。一方、優子(吉田羊)も、京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいになっていた。会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする…。翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』
金曜ドラマ『恋する母たち』11/20(金) #5 どうにもならない関係…隠せないそれぞれの本音【過去回はパラビで配信中】

赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。しかし、疎外感を感じていたところに思わぬ声がかかる。一方、杏(木村佳乃)は息子の研(藤原大祐)のことで頭を悩ませていた。研は、斉木(小泉孝太郎)が自分の父親の駆け落ち相手の元夫であることを知り、ナーバスになって未だ家に帰ってこない。多感な年頃の研を心配した杏は、しばらく会うのをやめようと斉木に伝える。しかし、会えなくても、杏の好物を買い家の玄関先にそっと差し入れしてくれる斉木のさり気ない優しさに喜び、会えなくても心は通じ合っていると思われた2人だったが…。その頃、まり(仲里依紗)は、温泉旅館で丸太郎(阿部サダヲ)と一晩を過ごし帰宅。先に帰っていた夫の繁樹(玉置玲央)から、浮気相手ののり子(森田望智)のことを謝られ複雑な心境だった。その繁樹が、辣腕弁護士の特集でテレビの密着取材を受けることに。まりは張り切って準備しようとするが、息子の繁秋(宮世琉弥)のことで意見がぶつかってしまう。子どもの気持ちなど考えず、見栄を張ることしか頭にない繁樹に、まりは一層不信感を募らせる。夫と息子が与論島へ行き、一人で東京に残ることになった優子は、コジカフーズの社長から千葉支店への異動を打診される。千葉支店の営業部で成果をあげて本社に戻れば、出世コースだ。シゲオとの一件以来、優子のことが気がかりな赤坂だが…。そんな中、優子は赤坂の元彼女の有馬(結城モエ)から、呼び出される。数日後、すっかり仲良くなった杏と優子とまり。喫茶店でいつものように女子会が開かれていたが、優子の口から飛び出した結婚時の衝撃的な告白に2人は驚愕する。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』
金曜ドラマ『恋する母たち』11/27(金) #6 父親の出現で揺れる親子…恋の代償は誰が払う??【過去回はパラビで配信中】

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。そこには慎吾も身を寄せていた。しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。千葉で一人暮らしをスタートさせた優子(吉田羊)は、千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違い戸惑っていた。挨拶に行った得意先のスーパーで嫌味なことを言われるなど、驚くことばかりの優子だったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。そんな時、杏が勤める高根不動産に「吹っ切るために住むところを変えたい」という男性がやってくる。申込書の勤務先にコジカフーズと書いたことから、相手が優子が想っている赤坂(磯村勇斗)ではないかと察するが…。同じ頃、まり(仲里依紗)は夫・繁樹(玉置玲央)の傲慢な態度にうんざりしていた。落語家になりたいという繁秋(宮世琉弥)のことを一向に認めない夫。一方で相談していた丸太郎(阿部サダヲ)からは思いがけない返信が届く。そんな中、誰もが羨む生活を送っている蒲原家に災難が襲う。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』
金曜ドラマ『恋する母たち』12/4(金) #7 セレブ生活が一変!! 幸せのチャンスを掴めるか…?【過去回はパラビで配信中】

杏(木村佳乃)が、斉木(小泉孝太郎)から一方的に別れを告げられて1カ月。研(藤原大祐)は、元気のない母を心配しているが、最近は父・慎吾(渋川清彦)と自分のところを行ったり来たりしていて、杏は寂しさを感じていた。まり(仲里依紗)の一家は、繁樹(玉置玲央)が政治資金流用の指南役だったと週刊誌に出たことで弁護士会から懲戒処分を受け、信用も仕事もなくし、高級タワーマンションも手放した。そんなまりたちに、優子(吉田羊)は空き家になっていた林家を提供する。一瞬にしてすべてを失ったことを受け入れられずにいる繁樹をよそに、まりは生活費を稼ぐため弁当屋でパートを始める。千葉支店に移った優子は、新規開拓の飛び込み営業を続けていた。地元の食品卸の有力者・塚越社長(尾美としのり)のもとに1カ月通い、ようやく認められた優子。塚越に居酒屋チェーン「房総酒場」を紹介してもらうが、「房総酒場」はライバル会社であるアオシマ食品一本やり。そこに優子たちコジカフーズが食い込むことができたら、塚越もコジカフーズと契約すると言われた優子。必死で「房総酒場」に通い詰めるが、先行きは不安だ。そんな中、優子は会議に出席するため久々に東京の本社へ戻る。会議を終えたところを赤坂(磯村勇斗)が待っていて…。その頃、与論島で生活を始めたシゲオ(矢作兼)と大介(奥平大兼)父子。シゲオは構想中の小説のテーマを大介に話して聞かせ、大介を取材させてほしいと相談していた。一方、杏は斉木のことが忘れられずにいた。斉木に対する自分の態度を反省していることを優子に話しながら、酔いつぶれてしまう杏。優子は代わりに斉木に電話をするが…。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』
金曜ドラマ『恋する母たち』12/11(金) #8 手に入れた新しい幸せ…人生の岐路で何を選ぶのか!?【過去回はパラビで配信中】

杏(木村佳乃)と斉木(小泉孝太郎)が結婚した。週刊春潮を辞めた斉木は、一級建築士を目指している。犬を飼う生活に憧れていた杏は、彼の家で犬と一緒に幸せな新婚生活をスタートさせ、息子の研(藤原大祐)は、自分の意思で慎吾(渋川清彦)と綾子(夏樹陽子)と一緒に暮らすことに決めた。まり(仲里依紗)は綾子の会社のストーン・ビューティーのモデルとして、通販番組「お買い物チャンネル」で活躍していた。イキイキと働くまりに繁樹(玉置玲央)は、妻の魅力を再認識するが、まりの心には丸太郎(阿部サダヲ)しかいなかった。そんなまりは、意を決して丸太郎に衝撃的な提案をする。一方、千葉での仕事も順調な優子(吉田羊)のもとに与論島にいるシゲオ(矢作兼)から「大介を題材にした新しい小説を書き始めた」と連絡が入った。さっそく読んだ優子は嬉しさのあまりシゲオに電話をすると、大介(奥平大兼)とも久々に会話をする。ぶっきらぼうながらも正月に会う約束をした2人は、少し距離が縮まっていた。その頃、綾子の会社で働き始めた慎吾にはある変化が。そして、杏と斉木、まりにも新たな転機が訪れる…。物語は2020年に。母たちの新しい生活が始まろうとしていた。

引用:あらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』

恋する母たち 概要

10月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で『恋する母たち』を放送することが決定した。恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみと恋愛ドラマの名手・大石静という、数々の名作を生み出してきた2人がタッグを組み、TBSの金曜ドラマにふさわしい極上のラブストーリーをお送りする。原作は、柴門ふみによる同名の人気作品。迷える母たちの恋愛と友情を描き、「女性セブン」(小学館)で2017年から2020年7月まで連載された。柴門の友人たちの話をもとに10年以上温めて描いたと言われており、共感性が高く女性からの支持が高い作品だ。脚本を担当する大石静は、若年性アルツハイマー病に冒されたヒロインと小説家の恋愛を描いた2018年放送の金曜ドラマ『大恋愛?僕を忘れる君と』をオリジナル脚本でヒットさせたことが記憶に新しいが、TBSのみならず各局の歴代の恋愛ドラマ、そしてそれぞれの時代を生きる女性の物語を描いてきた名手である。物語の主人公・石渡杏(いしわたり・あん)役には、『嫁はミツボシ。』(2001年)以来、19年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務める木村佳乃。杏は旅行代理店で働く夫と一人息子の3人で何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然、夫が失踪し生活が一変。その後、息子をシングルマザーとして育て、この春有名進学高校に入学させたという役どころだ。そして、杏と同じく名門校に通う息子を持つ林優子(はやし・ゆうこ)を演じるのは、吉田羊。「理想のオトナ女子」として女性たちから支持を得ている彼女が演じるのは、売れない小説家で主夫の夫と高校生の息子を養うバリバリのキャリアウーマン。家庭は順風満帆に見えるが、実は息子が長らく引きこもり生活をしていることを悩んでいる。さらに、2人と同じ名門校に通う長男を持つ蒲原まり(かんばら・まり)を演じるのは、メインからクセのある脇役と、その演技力に定評のある仲里依紗。まりは、長男のほかに二人の娘を持つ3児の母。夫は法律事務所の代表。キラキラしたセレブ暮らしを送っているが、夫が不倫をしていることに気づいていながらも、問い詰めることが出来ずにいる。三者三様の家庭環境を持つ3人の美しい母たちには、一見幸せそうな生活を送りながらも、誰にも言えない秘密と悩みがあった。ギリギリで平穏を保っている母親たちの心の隙間に入り込む、別の男性との“恋愛”の行末は如何に。

引用:はじめに|TBSテレビ:金曜ドラマ『恋する母たち』

恋する母たち キャスト

石渡杏木村佳乃
林優子吉田 羊
蒲原まり仲 里依紗
斉木巧小泉孝太郎
赤坂剛磯村勇斗
山下のり子森田望智
斉木由香瀧内公美
林大介奥平大兼
蒲原繁秋宮世琉弥
林シゲオ矢作 兼
石渡綾子夏樹陽子
今昔亭丸太郎阿部サダヲ

恋する母たち スタッフ

原作柴門ふみ「恋する母たち」
(小学館『女性セブン』連載)
脚本大石 静
主題歌松任谷由実「知らないどうし」
(ユニバーサルミュージック)
音楽出羽良彰
兼松 衆
チーフプロデューサー磯山 晶
プロデューサー佐藤敦司
演出福田亮介
吉田 健
製作TBSスパークル
TBS